施工例図と各部材名称図

耐震補強金物 

上に戻る

入角取付方法と取付例3D図耐震補強金物 

上に戻る

補強柱条件と金物・柱の取付条件及び寸法

上に戻る

付属部材一式と基礎下穴重要事項説明図

上に戻る

施工説明書NO1〜

上に戻る

カバー取付説明図と新規基礎への埋めこみ取付説明図

上に戻る

仕様説明書と金物寸法図面

上に戻る

試験成績書と特許証書

上に戻る

AXX-360 短冊金物取付説明書

柱金物取付・補強前の確認事項

★取付ける前に必ず施工説明書をご覧ください。記載事項に従った金物の取付、施工をお願い致します。 また、住宅補強前に次の1.〜5.項目を必ずご確認下さい。
1.取付壁の耐力(1.0以上)⇒⇒⇒⇒⇒
※サイディングや壁耐力不足面は取付金物幅と高さを取り除いて補強。
2.壁と基礎の限界段差(50mm以内)⇒⇒⇒⇒
※調整範囲以上の箇所は取付金物サイズで壁を取除く
3.基礎幅(120mm以上)⇒⇒⇒⇒
※120mm以内の基礎は下穴深さを調整するか貫通させて両面ナット締め。
4.基礎コンクリート強度(210kgf/cm2以上)⇒⇒⇒⇒
※条件以外の基礎取付部は既存基礎耐力による補強になります。
5.その他、取り付ける為に必要とされる初期確認事項。⇒⇒⇒⇒
※取付の障害となる要因は事前に全て確認し解決する。

■壁と基礎の段差解消方法のご注意とお願い。

AXX-200<壁厚調整板>は基礎ボルトアンカー固定耐力を一つに統合し個々に加わる剪断力を回避するために、調整板一枚で3本を固定する設計でつくられています。
簡易的に丸(◎)ワッシャーを個々に数枚使用したり、破断・腐敗しやすい板等を使用した場合、「AXX-700」本来の引張耐荷重力性能を発揮できず損なう恐れがあります。
壁と基礎の段差解消には、必ずAXX700専用のAXX-200<壁厚調整板>をご使用ください。
※指定外の部材使用で取付けられた製品の品質保証は対象外となりますのでご注意下さい。
■耐震金物取付施工書は、基本的な木造住宅の外壁取付面を対象に記載・指導しています。  実際には、それぞれの建物の壁や基礎、その他、造り条件に合った取付方法で対処してください。

上に戻る

copyright@2013synapse.international.co. all rights reserved.